• トップページ
  • 耐久力抜群の塗装
  • 和風の趣「木部」
  • 塗装で一番重要な工程
  • 地震国日本の屋根
  • 施工例
  • 完成写真集
  • 主な工事記録

主な工事記録

月別アーカイブ:2013年08月

日本瓦やセメント瓦などは非常に重量があり、地震が懸念される今においては対策をとる施主様が多くなっております。

平均的には5トンもの瓦が乗っているのですから重量により揺れが大きくなってしまいます。

そこで屋根材をより軽いものへと乗せ換える工事が進んでおります。

アーバンクラフト静岡ではガルバリウム鋼板と言う超軽量合金を用いて施工しており、重さは瓦の約10分の1にまで下がります。

強風にも吹き飛ばされないよう「あやめ折り」と呼ばれる接合でより強靭なものになっています。

亜鉛とアルミの合金なので錆びにくく表面はフッ素なので美観も長持ちする設計になっております。

メーカー保証はフッ素塗装タイプで20年の保証があり安心です。

詳しくはお問い合わせください。

カテゴリー:外壁塗装, 工事現場より;/更新日:2013.08.05

浸透性プライマー、シリコンの組み合わせは塗料同士の相性が非常に良いです。

浸透性プライマーは耐久度が低下している外壁に対し強度復活の役目をします。

上塗りのシリコン塗料は弾性適応に優れているので地震の揺れに対し威力を発揮します。

このリカバリー工法は理想的な仕上がりと耐久力で将来的にもトラブルがありません。

ファインコートシリコンにおいては上市以来1000万㎡以上の実績があります。

カテゴリー:外壁塗装, 工事現場より;/更新日:2013.08.05