• トップページ
  • 耐久力抜群の塗装
  • 和風の趣「木部」
  • 塗装で一番重要な工程
  • 地震国日本の屋根
  • 施工例
  • 完成写真集
  • 主な工事記録

主な工事記録

月別アーカイブ:2017年05月

弊社は10年ほど前、有名な国産の遮断熱塗装を手掛けました。

ところが塗装後の遮熱性能早期劣化、カビや藻類の発生に翻弄し、

その施工を中止した経緯があります。

しかしながら遮断熱塗装は今後のECOには必要不可欠です。

決して大げさではなく、自然エネルギー活用と共に人類に貢献できる

最高の技術と確信しています。

そんな中、1993年、すなわち24年前に米航空宇宙局NASA開発の

遮断熱塗料Coolthermクールサームに出会いました。

クールサームは上記の欠点は皆無、断熱性能は10年経っても20年経

っても衰えを見せません。

30年の耐久であるとアメリカスーペリア社は豪語しています。

800種のセラミックを融合し開発された4種類の特殊セラミックビーズ

は他の遮断熱塗料にはありません。

この4種特殊セラミックは短波長派など全ての熱源を遮断できます。

導入当初から数百社の大手企業の採用により24年間で700万㎡以

上の塗装、リピート実績があり、信頼と効果を証明しています。

因みに700万㎡は東京ドーム球場面積540面以上に換算できます。

【クールサームで塗装すると】

電気、ガス、灯油が大幅に節約できる。

年間電気料金だけでも20%前後、条件によってはそれ以上節約できる。

太陽光売電量アップ。

断熱塗料と遮熱塗料に分かれているため次回再塗装時はトップの遮熱

塗装だけで済む。大幅に安くなると言うことです。

鉄部などは夏場でも冷んやりしている。

塗装表面がツルツルしているので汚れにくい構造。美観長持ち。

 

外壁塗装に使われる塗料は様々出ていますが中でも、NASA開発特殊セラミックによる遮断熱塗装「クールサーム」はこれからの外壁塗装の主流になるでしょう。

カテゴリー:アーバンクラフト静岡, クールサーム, 外壁塗装;/更新日:2017.05.28

IMG_ペイント5038

ここ数年まで外壁塗装の主流塗料はフッ素やシリコン塗料でした。

しかしながら現在では“ 得する塗料“ “住み心地の良い塗装”

へ移行してきています。

これは主に遮熱と断熱性能による自然的空調の素晴らしさ、

ECO意識向上に起因します。

機能として、夏は涼しく、冬は暖かい、柔らかな空気、など機能

性塗料による癒し空間です。

加えて空調に使われる電気、灯油、ガスの省エネに直結し、環境

の保護に役立ちます。

当然ながらこれらのエネルギー費用は大きく削減され、環境と家

計に優しいECO塗装なのです。

現存する遮熱・断熱塗料の中でもNASA開発遮断熱システムを

搭載するCooltherm/クールサームは骨幹となる遮断熱性能は元よ

り、耐久20~30年、次は15年後にトップコートを塗り替え

るだけで断熱性能が落ちないと言う優れた性能を有します。

特筆すべき点ではNASA開発遮断熱システムでは中空ではない

4種類のセラミック微粒子がすべての熱線をカットできます。

仕上がりも柔らかな艶が美しく、カビや藻類の発生も抑えられます。

長期に渡り断熱性能、耐久性能、美観を保ち続けます。

 

=他の遮断熱塗料について=

クールサーム以外の遮断熱塗料は7~8年程度で遮熱効果がダウ

ンしてしまいます。

これは断熱材料のセラミックビーズまたはアクリルビーズを1種類しか使っていないことが原因の一つです。

耐久力においてもビーズが中空(中が空洞)であるため、その容積

比率が塗料樹脂より遥かに多くなってしまい、防水、耐久性能

が比較的早く劣化してしまいます。

また塗装表面が艶消しでザラザラしているため藻類、カビ類の発生

が早く、条件次第では1年以内に猛烈なカビ、藻類の発生に見舞われます。

NASA開発遮断熱システム搭載/クールサームはこれらの欠点が一切ありません。

安心して任せられる世界トップ性能の塗料です。

 

提供 株式会社アーバンクラフト静岡 静岡外壁塗装 クールサーム 静岡クールサーム
カテゴリー:アーバンクラフト静岡, クールサーム, 外壁塗装;/更新日:2017.05.17

外壁塗装・これだけは知っておきたい

外壁塗装は塗料性能により5年程度の耐久から30年以上耐久するものまで様々です。

中でも下記HPの塗料は機能の維持、耐久において世界ダントツ性能です。

ご参考にどうぞご覧ください・

https://urbancraft30.wixsite.com/gaiheki

カテゴリー:アーバンクラフト静岡, クールサーム, 外壁塗装;/更新日:2017.05.07