• トップページ
  • 耐久力抜群の塗装
  • 和風の趣「木部」
  • 塗装で一番重要な工程
  • 地震国日本の屋根
  • 施工例
  • 完成写真集
  • 主な工事記録

主な工事記録

シンマテリアルワンからの「キルコート

遮断熱塗料として最も注目を集めている近未来型の塗料です。

ピュアアクリル中空ビーズという特殊素材により最高クラスの遮断熱を実現。

ピュアアクリルとは文字通り純粋なアクリルであり、非常に劣化しにくい素材です。

これは透明で美しいアクリル水槽が劣化しないと言う事と同じと言えます。

遮断熱効果はキルコート未塗装の鉄製折半屋根では真夏91°c

塗装した折半屋根では40.°c-50.°cと驚異的な数値を

はじき出しました。

当然ながら冷暖房費は大幅に削減できます。

また耐久力も促進耐候試験4000時間を難なくクリアー、

現実15年以上に匹敵します。

加えて他の遮断熱塗料に比べ塗膜の柔軟性に富んでいます。

実に伸縮率200250%で将来クラックが入りにくい構造です。

クラックが発生しないということはそこからの水の浸入がないと

いうことですのでまさにリフォーム塗装には最高の塗料と言え

るでしょう。

弊社ではキルコートの塗装技術を用いて多くのお客様にご満足いただいております

////////////////////////////////////////////////////////////////

当初よりエコ、キルコートの普及に努め

キルコート塗装実績地域ナンバー1

054-256-7222

////////////////////////////////////////////////////////////////

カテゴリー:未分類;/更新日:2015.05.10

遮断熱塗料の最高峰キルコートや宇宙塗料で有名なガイナ、シリコンなどは 特殊機能性を有するシーラーを下塗りに使うと更に耐久性能がアップします。

主には外壁の強度を回復させる下塗り材、または塗るだけで外壁クラックを塞ぐ下塗り工法を用います。

通常の下塗り材では剥離を防ぐだけになりますが特殊下塗り材は壁そのものに作用するので根ぽんからの強度アップになるわけです。

高い施工技術を必要としますが弊社では当初よりこれらを用いて成果を上げております。

外壁塗装は築年数と劣化具合により施工を変えてゆきます。

従って下塗り材を選ぶことは非常に重要なこととなっております。

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

外壁塗装・遮断熱塗装キルコート・ガイナのパイオニア

地元静岡・株式会社アーバンクラフト静岡

054-256-7222 静岡市駿河区下川原5-33-25

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

カテゴリー:キルコート, リフォーム 静岡, 外壁塗装;/更新日:2015.05.07

塗装料金の積算方法

足場のほかに、総外壁面積と実際に塗る実壁面積とがあり、
総面積は底辺の和×高さ、実壁面積はそれから開口部総合計を差し引いたものです。
これに対し平米単価を掛けたものが外壁部塗装料金となります。
その他樋、軒天、霧除け、ベランダなども数量を算出し単価を掛けて料金を算出し
ます

カテゴリー:キルコート, リフォーム 静岡, 外壁塗装;/更新日:2015.05.05

キルコートを使う塗装のポイント

 

遮断熱塗料の最高峰に位置づけられる「キルコート」

経験豊富で相当の技術を有する職人が洗浄、ケレン、下塗りを経て主材であるキルコートの塗りに入って行きます。

洗浄については家屋に付着した油脂類の汚れを100%洗い流します。

洗浄は塗装では最も重要な工程です。

将来剥離を起こさせないためには洗浄をしっかり行うことは言うまでもないほどです。

洗浄が終わるとケレンという、ブラシやサンドペーパーを用いた擦る作業に入ります。

洗浄で落としきれない汚れや凹凸があればこすり取ります。

均一に塗り上げるための作業です。

キルコートは優れた機能性溢れる素晴らしい塗料ですが、その性能を100%引き出すには施工における確かな技術と丁寧さがが要求されます。

基本、無希釈、ローラーを用いた手塗りである事から均一に塗り進める技術を必要とします。

更にキルコートは塗膜の厚さが通常塗料の数倍以上ありますから、均一に塗り上げるには相当な経験が必要です。

塗りが均一でなければ遮断熱にもムラが出てしまいます。

また施工監督の第三の眼による客観的施工レベルの判断も重要な工程となっております。

通常の塗装を遥かに凌ぐ技術と工程ごとの点検がキルコート塗装を成功させるカギとなります。

弊社アーバンクラフト静岡では日々キルコート塗装の完成度を高めるために努力、躍進を目指しております。

「丁寧に、より丁寧に」を全うし、ただいま元気に施工中であります。

///////////////////////////////////////

 

当初よりキルコートの普及に努め

施工実績地域ナンバー1

株式会社アーバンクラフト静岡

 

SBSマイホームセンター前

静岡市駿河区下川原5-33-25

054-256-7222 

///////////////////////////////////////

カテゴリー:キルコート, リフォーム 静岡, 外壁塗装;/更新日:2015.05.05

浸透性プライマー、シリコンの組み合わせは塗料同士の相性が非常に良いです。

浸透性プライマーは耐久度が低下している外壁に対し強度復活の役目をします。

上塗りのシリコン塗料は弾性適応に優れているので地震の揺れに対し威力を発揮します。

このリカバリー工法は理想的な仕上がりと耐久力で将来的にもトラブルがありません。

この下塗り材を活用し仕上げ塗料を選んでゆくと最高の外壁塗装が完成します。

カテゴリー:未分類;/更新日:2015.05.03